サッシの、クレセント(内鍵)がはまりにくい時の調整

サッシの、クレセント(内鍵)がはまりにくい時の調整

 

なぜかよくご質問いただくので、サッシのクレセントがはまりにくい時、どうするかのエントリーです。
長年使っているサッシだと、クレセント(内鍵)が、はまらなくなっている事があります。
(わかりづらいのでクリック拡大してみてください)
クレセントがスカスカ
この写真のようにスカスカになってたり、クレセント部が受け金物に入らなくなってたりします。

 

たいていの原因は受け金物にあり
それらは上画像のようにほとんどクレセントの受け金物がズレたり歪んでたりが原因です。
長年の使用で受け金物が少しずつ動いていった結果、不具合が出てきます。

そこで、受け金物をちょっといじってあげれば元通り。
適切な位置に直したり、歪みをとったりしてあげましょう
幸いこのケースではクレセント受けの位置がずれていただけだったので、ビスをゆるめ、適した位置に戻したあと、ビスを止め直しました。
クレセント受けが変形してしまっている場合はペンチなどで戻しましょう。

 

簡単に直ります
これでちゃんと閉まるようになりました。OK!

こんな感じで、簡単に直るようなことは放置せず、こまめに直していきましょう。
ひどい状態のクレセントを無理に使い続けた結果、受け金物が欠落したケースもありました。

そのほかどんなささいな問題でも、長年続いたら取り返しがつかなくなったりします。
家のメンテナンスはこまめにしましょう。



業者さんの口コミもチェック
高評価の業者さんを探して匿名で相談してみる

リフォーム ホームプロ

友達にも教えてあげよう!

サッシの、クレセント(内鍵)がはまりにくい時の調整"
スマホに読み込んでLINEでシェア!




他の記事を探す(カテゴリ-の選択)

  • DIY_リフォーム
  • おすすめ工事
  • メンテナンス工事
  • プロのリフォーム
  • 基礎知識
  • ブログ