さしがねの使い方(フローリング貼りを例にして解説)

さしがねタイトル

さしがねの使い方(フローリング貼りを例にして解説)

すべての基本、それがさしがね
さしがねというのは大工の基本的な道具で、これがなければ何ができるだろうと悩んでしまうほど、超重要な大工道具です。
いかにDIYといえど、この「さしがね」だけはどうしても欲しいところです。

 

さしがねを使った練習

では、さしがねを使って、実際に採寸してみましょう。
下図は少しバチった形の部屋で、敷居や柱があって、この基準線に合わせフローリングを貼っていく、という設定です。
さしがねを使ってみよう

 

1枚目が完成したとして、次の2枚目を並べるのは難しそうです。
見るからに難しそう・・
敷居や、いびつな柱に合わせてフローリングをカットしていく必要があります。
自分にはできない、そうお考えの人もでてくるのではないでしょうか。

 

そこで「さしがね」の出番です。
大工さんの相棒、さしがね
このさしがねを使って、すき間なくフローリングを貼っていきましょう。

 

 

実際に切り墨をつけていこう

平行に置くことが最重要!
2枚目のフローリングを加工するため、2枚目を1枚目のフローリングのサネに差し込んでみましょう。
2枚目のフローリングの長手オスザネ(長手のオレンジ色部分)は必ず基準線に平行になるようにします。
この時、2枚目のフローリングは上図のように基準線より100ミリはみ出していました。

2枚目のフローリングはこのまま平行に100ミリ奥へ送りこめれば1枚目と揃います。
つまり、100ミリ分、敷居や柱の形に合わせる必要があります。

 

 

さぁ、さしがねを使って、寸法を出す方法で2枚目を作っていきましょう。
あくまで同じ寸法をつけていく
それぞれすき間のかどかどを測っていき、切り墨をつけていきます。
100ミリ送りこむ必要があるのでそれぞれ壁から100ミリのところに墨(赤く表示)をつけます(クリックで拡大)
1の場所から2の場所にかけて、壁が少し斜めになっていますが、これもそれぞれの場所から100ミリずつ寸法をとることでフローリング上の切り墨にもそれが反映されます。

 




ここから先のコンテンツはDIY同好会の会員様のみ閲覧可能です

DIY同好会に参加していただくと…
  • 記事を最後まで読めるようになります
  • めったに配信されませんが(数カ月に1度程度)ご登録いただいたメ-ルアドレスにお知らせメ-ルが来ます
お知らせメ-ルでは新しく登録されたDIYノウハウをお知らせしたり、一般DIY同好会会員さんからのアイデアや疑問をシェア、回答したりと、DIY同好会の方に喜んでいただける情報のみをお届けしておりますので、メインのメ-ルアドレスでご登録ください(いつでも退会可能です)。
今すぐ無料会員登録!

ログイン

 




ブログランキングに挑戦しています。
優良記事だった場合、応援してください。
(ワンクリックでOK)
にほんブログ村 住まいブログへ



リフォーム ホームプロ
さしがねタイトル

友達にも教えてあげよう!

さしがねの使い方(フローリング貼りを例にして解説)"
スマホに読み込んでLINEでシェア!




他の記事を探す(カテゴリ-の選択)

  • DIY_リフォーム
  • おすすめ工事
  • メンテナンス工事
  • プロのリフォーム
  • 基礎知識
  • ブログ