石膏ボ-ド(壁材)を加工してみよう!

石膏ボ-ド(壁材)を加工してみよう!

 

ここでは石膏ボ-ドの加工方法を勉強しましょう。
石膏ボ-ドの加工は、壁の補修や新設など、内装系DIYにはなくてはならない技術です。
その割に、非常に簡単なので是非このエントリ-を読んでください。

石膏ボ-ドのサイズ

まず、石膏ボ-ドのサイズは、910×1820(mm)です。

石膏ボ-ドの寸法を覚えておこう
厚みは12ミリと9ミリの2種類があり、天井に9ミリ、壁に12ミリのボ-ドを使うことが多いです。
壁や天井で使う資材なので、施工面積を石膏ボ-ドのサイズで割り、必要枚数を数えたりするので、上記のサイズは把握しておきましょう。

これを様々な大きさに加工していきましょう。必要な道具は以下の3つ

カッタ-ナイフ

ボ-ドやすり

メ-タ-定規

カッタ-ナイフを定規にあてがい、ボ-ドを切っていくのですが、小さい定規だとカッタ-ナイフでケガをする恐れがあるので、できればホ-ムセンタ-等で売っている標尺をメ-タ-定規として使いたいです。
購入の際は1メ-トルか、それ以上の長さのものを買いましょう。
安くて軽くて強いメ-タ-定規1mか1.1mがおすすめ
本来、この標尺は現場写真の施工高さや深さなどの写真を撮る時使うものなのですが、頑丈&真っ直ぐ(反らない)&安価なので、ウチでもカット用定規として採用する場合があります。
DIYならこれで十分ですね(以下メ-タ-定規と表記)。
1mか1.1mのものを買いましょう。

 

どうやって加工するの?

加工(カット)の方法は切りたい長さに墨をつけた後は3ステップ。

  1. カッタ-ナイフで表面(紙)を切り、
  2. 折って、
  3. 裏の紙を切る

これを繰り返し、必要サイズに加工します。
あとは切断面をボ-ドやすりで整えて加工完了。

 

動画で見てみよう

それでは実際にボ-ドを加工している動画を見てみましょう。
ボ-ドの加工方法を動画で解説!

 

ボ-ドの加工について、もう少し詳しく解説した動画も作ってみました。
さらに詳しいボ-ドの加工方法を動画で解説!

上記動画「石膏ボ-ドの加工方法その2」で少し触れていますが、クロス仕上げの下地としてボ-ドを使う場合、パテを入れるための面取りは必須工程なのですが、施工するボ-ドが少ない場合は面取り鉋(メントリガンナ)を買うのももったいないですよね。
そこで面取り鉋なしでも綺麗に面を取ってみましょう。

 

まず、面取りしたい部分を5~8ミリくらいカッタ-で切れ目を入れ、ボ-ドやすりを斜めに当て、面を取ります。
面取りしたい部分に定規をあてがい、カッタ-ナイフで切れ目を入れますボ-ドやすりを当てるとキレイに面が取れていきます

 

できました。こうすれば意外と綺麗に面取りできます。
面取りができました長辺も同じ
まぁ、クロス(壁紙)を貼る場合はジョイントにパテを埋めるので、ある程度ラフな面取りでもOKなのですが、どうせならやはり綺麗に面をとりたいですね。

ボ-ドの表面の紙一枚が切れればOKなのでカッタ-の刃に強い力は要りません
力むと怪我するので注意してください

友達にも教えてあげよう!

石膏ボ-ド(壁材)を加工してみよう!"
スマホに読み込んでシェア!



新機能!あなたの家の近所の建築業者はこちら!(プロチャンネルへ)



他の記事を探す(カテゴリ-の選択)

  • DIY_リフォ-ム
  • おすすめ工事
  • メンテナンス工事
  • 基礎知識
  • プロ向けコンテンツ